FC2ブログ
食べ歩きをメインに気が向いたときに私の主観を丸出しで何か書いてます。(笑) トップページはこちらから http://ree1963.blog86.fc2.com

恒例化しつつある今年のメインイベントとして9月22日~24日の2泊3日で長野に行ってきました。
早朝車で東京を出発、1日目の目的地は湯田中温泉です。
通常東京からですと上信越道を利用するのが最も楽なルートなのですが、今回は渋川・伊香保ICで関越道を降り、国道145・292号線、志賀草津ルートを通るコースを選択しました。

途中渋滞に阻まれつつも、お昼少し前に白根山レストハウスに到着できました。
店が混む前に軽い昼食を済ませ、ここから約500mほど登ったところから見られる白根山湯釜を目指します。
白根山
比較的緩やかな登り坂とは言え、一部急な登り坂もあって標高2160mのため酸素が薄いのだろうと言い訳をしながらゆっくり深呼吸をしつつ歩いて行きます。
(単純に運動不足と言っているあなたは大正解です。^^;;;)

白根山湯釜
これが湯釜です。
とても美しいエメラルドグリーンで泳ぎたい気分に駆られますが、入ったら最後、あっという間に溶けてしまいます。^^;

車まで戻って先へ進みます。

次に止まったのは日本国道最高地点です。
日本国道最高地点
国道以外でここよりも高い地点は数々あると思いますが、国道では標高2172mのここが最高地点らしいです。
生憎の空模様で景色が良く見えないのが残念です。
日本国道最高地点2
日本国道最高地点から見た景色です。
風がひんやりとしていてとても気持ちが良かったです。

いよいよ本日の目的地、湯田中温泉を目指します。
今日のお宿はあぶらや燈千です。
あぶらや燈千
チェックインは14時からでしたが13時半に到着してしまいました。
駐車場に車を止めて玄関前でうろうろしていると仲居さんが出てきてくれ、時間前にもかかわらず10分後にはチェックインをさせて下さったのには非常に有難かったです。

早速お部屋に案内してくれました。
あぶらや燈千2
客室前の廊下も品がとても良く、お客をもてなそうという気持ちがひしひしと伝わってきます。

お部屋は燈火亭Aタイプで、10畳の客間・3畳の応接セットそして露天風呂がついています。
部屋に入って仲居さんの非常に丁寧な説明を受けた後、思いっきり荷物を広げてしまったため、お部屋の写真は撮影しませんでしたが、広々していて心からのんびりできます。
非常に大きなガラス窓のお陰で尚更そう思わせてくれたのかもしれません。

まずはこの旅館にある岩盤浴に挑戦してみました。
有料(50分1575円)・予約制ですが、個室貸切になっているので気兼ねなく入浴できます。
浴衣に着替えバスタオルを敷いて入浴開始するとすぐに汗が出てきました。
途中ミネラルウォーターを飲みながら休憩しつつ入浴しているとあっという間に時間が来てしまいました。
汗を拭くとベタベタ感は全くなく、肌がスベスベしているのには驚きました。

部屋へ戻る前に専用ラウンジで休憩しました。
非常にゆったりとした空間で、静かに流れている音楽がとても心地良いです。

夕食前にお風呂に入りました。
大浴場に行こうかとも思ったのですが、折角の露天風呂つきの部屋なのでこちらに入りました。
あぶらや燈千3
檜の浴槽で木の香りがとても良く、足を伸ばしてのんびり入れる広さはとても嬉しいです。
お湯は多分循環式と思われますが、しっかり温泉で心から癒されます。

風呂から上がりいよいよ夕食です。

つづく。。。

コメント
この記事へのコメント
露天風呂
お部屋についてるのっていいですよね~♪^^
好きな時に好きなだけ入れるって、すごく贅沢ですよね。

それと、白根山の湯釜は神秘的な色ですね。
絵の具を溶かしたような綺麗な色ですね^^
2007/09/27(木) 21:58 | URL | くんちゃん #/5LHBRow[ 編集]
とっても
良かったですよ~♪
いちいち大浴場まで行かなくて良いからラクチンです。o(*^▽^*)o~♪
2007/09/27(木) 22:16 | URL | Ree1963 #yjZ1EAx6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ree1963.blog86.fc2.com/tb.php/115-12115412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック